サラリーマン時代終盤に刷り込まれた、電話に関する価値観につきまして

おはようございます。

(月~日曜日までの目標:36262/35000歩)

 

昨日はスマホゲーム(DQW)の大型アップデート日の影響もあり、

無事に8000歩達成できました。

※35000歩達成にてCoke ONスタンプ1個ゲット😉

 

先日のブログコメントにてSNSなどのネット環境を利用した

対話についてのご意見を頂きました。

 

私の選択肢から大きく抜け落ちていた分野でしたので、

気づきを頂きましてありがとうございます。

 

昔の仕事がITエンジニア関係であったことから、

本来ならこういったものはいち早く取り入れるべきでしたが、

過去のトラウマが導入に支障をきたしていると感じますね。

 

私は24時間365日仕事関係の電話が掛かってきて、

場合によっては夜中の台風時でも現地に行っておりました。

※カッパを着て一人夜間作業は寂しい😢

 

また、休日には朝から上司から電話が掛かってきて、

無意味な話を1時間以上延々と聞かされることもしょっちゅうでした。

※上司が朝の散歩中に暇つぶしに電話してくる😟

 

そのような体験から、退職後は友人であっても

電話をかけても出ない

断言致しました。

 

友人や関係者にはLINEでメッセージを入れてくれれば、

気が付いたときにだけ返信すると言っております。

※とにかく電話は出ない

 

そういった価値観が影響してか、

コロナの時代になってZOOMなどでの連絡が主流になってからも、

私にはオンライン通話関係は不要だ

と対面の選択肢から自然と除外しておりました。

 

しかし、いろいろなコメントから気づきを得て、

一度友人とZOOMなど試してみてもいいかなと

思いました、

今日この頃です。

f:id:persona20190919:20210422082340j:plain

ZOOMをするにしても、双方いきなり連絡は私の中では絶対NGですね。
事前に使用する日時を明確にしたうえで、用法用量を守って正しく使いたいです。
※電話は相手の貴重な時間を奪う厄介者といった概念は払拭されないです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ⇦応援クリックお願い致します

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ