セミリタイヤ生活に関係なくいずれは必ず訪れる、両親の介護問題につきまして

おはようございます。

 

両親がわくわくするものを摂取してから

1週間が経過致しました。

 

昨日から母は熱と嘔吐の為、食事も

取れずに寝ております。

 

反対に、同じ日に摂取した父は

何事もなく過ごしております。

 

わくわくするものが原因かは分かりませんが、

2回目は母は辞めようかなと言ってますね。

 

現状家事は私がしておりますが、

家族4人分の家事をするのは大変なことですね。

 

日々家事をこなされております皆様、

お疲れ様でございます。

 

この2日間母は寝込んでおりますが、

トイレなどは自分で行けますので、

介護が必要な部類では御座いません。

 

しかし、トイレの付き添い介助などが必要になってくると

今までのように家事などできるとは思えません。

 

そういった事態になった時を踏まえて、

我が家では介護が必要になったときには

どうしたいか早いうちから相談しております。

 

結論、介護保険を最大限利用しながら、

基本は施設を利用し、あいまに自宅に戻ってきて

介護といったイメージで話しております。

 

大多数の方は自宅での介護を希望されております。

※国の統計より

 

40代の同じ年の友人(母、友人の2人暮らし)

と親の介護について話したときも

友人の母親は施設には入りたくないので訪問介護

利用して自宅で過ごすと話していたそうです。

 

そこで私は、自宅で過ごすということは

一緒に住んでいる友人がトイレなどの介護

を行う必要があるので、私の介護福祉士国家資格の

スキルを活かして、簡単なレクチャーしようかと

話しました。

 

しかし、友人はそんなこと(トイレ介助など)

はできないなと即答してきましたので、

そこの部分は母親と話して、自宅介護になっても

自分は介護できないとはっきり言うしかないよと

は話しました。

 

訪問介護を使っても24時間自宅に来てくれるわけでは

ないので、トイレのたびに起きる必要もあるから

そうった面を踏まえて母親が元気なうちに

折衷案を相談した方がいいよと話しました。

 

元気なうちからそんな話するなんて早すぎると

友人から言われましたが、元気でなくなってから

話をするのは遅すぎると思っておりますね。

 

私が今セミリタイヤ生活しているのも

20代の時から日々計画しており、

結果として40代で何とかぎりぎり遂行出来たと思っております。

 

何も計画せずに40代になって貯金のほとんどしていない状態から

いきなりセミリタイヤ生活しようと思ってもさすがに不可能ですからね・・・

 

何事も早め早めの計画が大切だと思っております、

今日この頃です。

f:id:persona20190919:20210425090017j:plain

母親の体調が早く回復してほしいですね。

私が実家暮らしを始めて4年間、母は熱なんて出したことなかったのですが・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ⇦応援クリックお願い致します

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ