無職にとって将来の生命線、年金受給金額と受給開始年齢につきまして

私は38才にて退職し、厚生年金とはお別れ致しました。

これからの65才までの20数年の間は、

株の配当金を軸に生活していきたいと考えております。

 

あと20年以上を過ごし、65才を迎えれば、

やっと年金受給年齢に到達致します。

ちなみに受給開始年齢を

 70才にすれば約1.4倍

 75才にすれば約1.8倍

の受給額増加になるそうですね。

 

これからの私にとって一番のリスクは長生きリスク

であると考えておりますので、

受給開始年齢を遅らせるのはありかなと思います。

 

私のもらえる額で試算すると大体以下くらいの額に

なると思います。

 ①65才受給開始年額:80万円(月6.6万円)

 ②70才受給開始年額:112万円(月9.3円)

 ③75才受給開始年額:144万円(月12万円)

 

私は介護施設で働いておりましたが、

皆さん90才を過ぎてもお元気な方が

たくさんおられました。

これからは100才になってもお元気な方が

増えてくるんだろうなと実感しました。

 

暗い話になりますので詳細は割愛致しますが、

数名の高齢者の方とは談笑する

仲になっておりましたので、

いろいろな方の本音話を聞かせて頂きました。

 

そういった話の中での私の私見としましては

現状の平均寿命で天寿を全うできれば

私としては幸せだなと思いました。

 

海外では自分の口から食事ができなくなれば、

自然と衰弱して天寿を全うする文化が主流ですが、

日本は管を通すなどして1日でも長生きすることが

正しいといった文化があります。

 

どちらが正しいかは十人十色ですが、

私は海外の方法が良いなと思っております。

両親にもエンディングノートを渡しており、

意思疎通をとれなくなった時に家族が悩まないように

お願いしております。

f:id:persona20190919:20210326143121j:plain

人の幸せは十人十色です。自分の意思を事前に記録しておくといいですよ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ

PVアクセスランキング にほんブログ村←応援クリック宜しくお願い致します

プライバシーポリシー お問い合わせ